ヒ素の浄水処理に成功・鉄バクテリアを利用した生物処理法

弊社の試験プラントで、ヒ素の浄水処理に成功しました

福島県郡山市の地下水・温泉開発、浄水処理の専門家 北日本ボーリングです。
いつもホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

201606

会津地方において、鉄バクテリアを利用した生物処理法により、自然の地質由来のヒ素の浄水処理に成功いたしました。当初のヒ素濃度は、0.03~0.04(mg/L)でしたが、浄水後は0.001(mg/L)となり、ヒ素の基準値0.01(mg/L)の1/10にすることができました。

高価な膜濾過方式を採用しなくても、生物の自然浄化作用を利用して、難しいヒ素の浄水処理を経済的に行うことが可能です。日本でも、ヒ素を浄水して水道水として供給されているところがありますが、今後は水が乏しい地域でも、安全で経済的な浄水が可能となり、給水地域が増加するものと期待できます。