【全国対応】井戸・温泉堀り 水源・温泉脈の自然放射能探査 地下水の浄水処理ならお任せ下さい - 株式会社北日本ボーリング 温泉・井戸・さく井工事・メンテナンス

地下水を利用したエコ事業、都市内の温泉源開発手法についてのご質問

福島県郡山市の地下水・温泉開発、浄水処理の専門家 北日本ボーリングです。
いつもホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

ホームページからお問い合わせ頂きました事例をご紹介致します。

お問い合わせ事例4「地下水を利用したエコ事業を考えているが」

ご質問:地下水を利用したエコ事業を考えているが、岩盤地帯でも地下水を得ることは可能なのか?公開されている既存の井戸柱状図データ等を参考にするのは可能か?

回答:一般的に岩盤地帯では、岩盤の亀裂に沿って流動する裂っか水を開発する以外に地下水を求めることは困難です。水源調査を行わず運良く地下水を得られることもありますが、効率的に地下水を得るためには事前調査を行うのが良策です。公開されている既存データは、層状水と呼ばれる砂礫層が広く・厚く堆積しているような地域ですと有用な情報になる場合もあります。

回答者 代表取締役社長 北原 賢(技術士)

お問い合わせ事例5「都市内の温泉源開発手法について」

ご質問:地方都市において温泉付きの施設を計画しているが温泉源調査はどのように行ったら良いか? 温泉調査の方法を他社のホームページでも調べたが、何よりも調査を内密に進めるためには調査のためのケーブル等を街中に設置することもできないし、土地を借りて測定装置を置くこともできない。このような条件下で温泉源を開発するための調査方法はあるのか?

回答:自動車で道路を走行して調査する方法があります。温泉脈は広域に存在しますので、少なくとも約2~3km四方の範囲を道路を利用して広域に調査することが可能です。調査のための土地等の制約もありませんし、私共も守秘義務を負った業務を行うことが出来ます。

回答者 代表取締役会長 北原 五郎(技術士)