ヒ素の浄水処理に成功・鉄バクテリアを利用した生物処理法

福島県郡山市の地下水・温泉開発、浄水処理の専門家 北日本ボーリングです。
いつもホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

201606

会津地方において、鉄バクテリアを利用した生物処理法により、自然の地質由来のヒ素の浄水処理に成功いたしました。当初のヒ素濃度は、0.03~0.04(mg/L)でしたが、浄水後は0.001(mg/L)となり、ヒ素の基準値0.01(mg/L)の1/10にすることができました。

高価な膜濾過方式を採用しなくても、生物の自然浄化作用を利用して、難しいヒ素の浄水処理を経済的に行うことが可能です。日本でも、ヒ素を浄水して水道水として供給されているところがありますが、今後は水が乏しい地域でも、安全で経済的な浄水が可能となり、給水地域が増加するものと期待できます。

福島県郡山市の地下水・温泉開発、浄水処理の専門家 北日本ボーリングです。
いつもホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

学校法人郡山開成学園

我が社の地下水浄水処理装置は、郡山女子大学等を運営される学校法人 郡山開成学園様にも納入されております。約10年ほど前になりますが、水道料金の節約を主な目的として地下水開発のご依頼を頂きました。

当時、阪神大震災等の大規模地震災害の発生等を契機に、災害に関する危機意識が高まっておりました。東日本大震災を経た現在も水道水以上の水質で供給を続けており、危機管理としての災害時におけるライフライン確保が可能になりました。

福島県郡山市の地下水・温泉開発の専門家 北日本ボーリングです。
いつもホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

浄水処理装置
この度、福島県郡山市の林精器製造株式会社様の地下水浄水処理に成功し、供給を開始いたしました。難しい浄水処理でしたが、水道水以上の品質を確保することができました。

s-P1040879
浄水処理装置の一部です。多量の地下水を高品質で供給しております。

難しい浄水処理を成功させた点について

今回の案件の場合、地下水中の鉄・マンガン・フッ素・ホウ素が高濃度であることから、通常考えられる浄水処理手法の適用が困難でした。

しかし、弊社では浄水試験用プラントを有しており、数多いろ過材の中から最も適したろ過材を厳選する作業も含めて、浄水処理実証試験を行うことで、その現場固有の地下水を浄水処理し、水道水以上の水質となることを実証してから本プラントの設計・施工を行うことで難しい浄水処理を成功させることができました。

hayashi

郡山市の工場様で弊社が掘削した地下水の浄水実証試験を行いました。
弊社の試験用プラントで試験を行った結果、水道水以上の水質を得ることに成功いたしました。

写真は、弊社北原会長、水処理担当者が客先様に説明を行っている状況です。
難しい浄水処理でしたが地下水利用の可能性を実証いたしました。