【全国対応】井戸・温泉堀り 水源・温泉脈の自然放射能探査 地下水の浄水処理ならお任せ下さい - 株式会社北日本ボーリング 温泉・井戸・さく井工事・メンテナンス

福島県郡山市の地下水・温泉開発、浄水処理の専門家 北日本ボーリングです。
いつもホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

日本で初めて、深さ1,000mの温泉改良工事において、ケーシングパイプに、HT(温泉用硬質塩化ビニルパイプ)を使用しました。

平成30年2月 ケーシング(深度1,000m、径100㎜)
HTパイプ(温泉用)で完成

施工場所 : 静岡県静岡市葵区梅ヶ島5008番地の1
施主 : 梅ヶ島観光開発株式会社 代表取締役 白鳥勝平

  1. 工事完成年月日 : 昭和58年6月(口径200㎜×深度1,000m)
  2. 補修工事完成年月日 : 平成10年4月(口径150㎜×深度500m)
  3. 物理検層 : 平成29年12月(キャリパー検層、温度検層)
  4. 補修工事完成年月日 : 平成30年2月(口径100㎜×深度1,000m)
工事内容の紹介はこちら

HT(温泉用硬質塩化ビニルパイプ)の特徴とは

  • スケールが付着しにくい!
  • 保温性が抜群!
  • 経済的!
  • 耐食性に優れている!
これからは、温泉もメンテナンスの時代です。
38年前に掘削した源泉も現役で活躍しております。
確かな技術と強度計算により、温泉のケーシングも硬質塩化ビニルパイプの使用が可能となりました。
文責 株式会社北日本ボーリング 会長 技術士(上下水道部門)北原 五郎

福島県郡山市の地下水・温泉開発、浄水処理の専門家 北日本ボーリングです。
いつもホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

弊社代表取締役社長が、財界ふくしま10月号において『リーディング企業の経営に迫る』と題して紹介されました。

今後とも、地下水・温泉探査に貢献して参りたいと思います。

新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、心より御礼申し上げます。

本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

井戸・温泉のメンテナンス、ヒ素・フッ素の浄水処理にお役立て下さい

kaicho
代表取締役会長(最高経営責任者)
北原 五郎(技術士 上下水道部門/上水道および工業用水道)
(実証試験用膜濾過装置をチェックする会長)

皆様方のご愛顧を賜り「郡山井戸屋」も創業60年を迎えることができました。
その間、五里霧中で浅井戸、深井戸、集水井、温泉と掘削してまいりましたが、今となればあっという間の時間でした。
この間、私が経験して学んだことを3つほど、ご提案したいと思います。

1.井戸のメンテナンス

井戸の法定耐用年数は「10年」と定められていますが、現在は15年から20年程度使用しているのが実状ではないでしょうか。

もし、15年から20年使用している井戸で、突然水量が少なくなったり砂が上がるなどの現象が現れた場合は、是非当社までご一報下さい。砂の出る井戸、水量が少なくなった井戸において、「バキュームウェル工法」を採用することで、見違える効果が得られます。

2.温泉のメンテナンス

15年前に他業者が宮城県で掘削し、竣工当時は、揚湯量1分間176.5ℓ/min、揚湯温度39℃であったものが、揚湯量1分間166ℓ/min、揚湯温度24℃まで低下したため、源泉の改造工事を行いました。

キャリパー検層及び温度検層を実施した結果、運転水位150m付近のストレーナーに穴があき、地下水が混入することがわかったので、錆びない腐らないパイプを使用し、改造工事を行い揚湯量1分間188.8ℓ/min、揚湯温度39℃まで回復しました。

一般的に温泉の場合、ストレーナーの腐蝕による破損よりも、吃水面の腐蝕によるケーシングの破損が多いということがわかりました。
この時も「バキュームウェル工法」を採用することで掘削当初よりも温泉の能力を向上させることができました。

3.地下水の水処理について

水処理関連の技術では、この10年で、難しいとされるヒ素の浄水処理に鉄バクテリアを利用した生物処理法を採用して成功することができました。
また、その試験プラントは常設してありますので、いつでもご使用いただくことが可能です。どうぞ、ご利用下さい。

また、難しいとされますフッ素の浄水処理廃水処理には天然鉱物と75%リン酸で処理することが可能になりました。
ヒ素やフッ素は浄水処理が困難とされておりますので、これらの浄水処理でお困りの方は、どうぞご一報ください。ご協力いたします。

いつも北日本ボーリングのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
P6112454

6月11日(木)仙台市に於いて弊社代表取締役社長の北原賢が、東北職業能力開発促進大会で表彰されました。
永年、福島県のさく井技能士検定委員を務めた功績によるもので、当日は東北6県の受賞者の方々や職業能力開発関係の方々数百名が集いました。

株式会社北日本ボーリングのホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

この度、ホームページをリニューアルいたしました。
今後とも、よりお客様にご満足いただけるホームページをめざして コンテンツの拡充等を行う予定ですのでよろしくお願い申し上げます。

汚染地域も地盤調査可能・新たな探査機開発

2013年1月9日の福島民報様に掲載頂きました。

この度、「二重構造の井戸用集水管」で特許を取得致しました。
ポンプ内の水圧差と平衡化作用を利用して揚水量を増やします。

福島民報様に掲載されましたので、ご紹介致します。

二重構造の井戸用集水管