【全国対応】井戸・温泉堀り 水源・温泉脈の自然放射能探査 地下水の浄水処理ならお任せ下さい - 株式会社北日本ボーリング 温泉・井戸・さく井工事・メンテナンス

井戸掘り・さく井工事

slide1

井戸水のメリット

緊急時の断水対策として
 備えあれば憂いなし 
井戸水は昨今、災害時や緊急時の非常用水としてご活用される一般家庭やマンションなどが増えています。非常時に最も必要とされているのは水で、少量の飲料用水程度であればペットボトル等で備蓄されるご家庭なども多いですが、お風呂やトイレそして洗濯などの生活用水として備蓄する事は井戸が無ければほぼ不可能に近いためです。日常的に井戸水をご活用されるだけでなく、そういった非常時のために井戸水のご活用をオススメしております。
sample02
飲み水として
 やっぱり井戸水はおいしい 

飲み水は一般的に、水道水、ペットボトルのお水、そして井戸水があります。個人によって差があるとは思いますが、水道水はカルキ臭かったり、ペットボトルの水はわざわざ毎回お水をお金払ったりと、お水にこだわる方にとってはなかなか満足出来るものではないかもしれません。ですが、井戸水であれば年中を通して一定(15℃前後)で地域によってはとても美味しいお水として飲まれ続け、お料理用のお水としても人気があります。
sample01
※飲料用水として活用される場合は水質検査が必要となります。
生活用水として
 水道代が実質0円になる!? 

井戸水を水道水代わりにご活用されるご家庭も近年増え続けている傾向にあります。水道水であれば当然、毎月水道代として料金をお支払わなければなりませんが、井戸水であれば水道代は実質0円です。初回の工事に井戸掘り代や水道管工事費は掛かりますが、潤沢に井戸水が出る地域であれば生活用水として使用し、数年後にはペイしてしまうというご家庭も少なくはありません。そのあたりの水道代金との比較なども含めて井戸掘りをご検討頂くと、より価値の高い井戸活用が可能になります。
sample03
※井戸水をそのまま、お風呂やトイレ、洗濯にご使用されると赤サビなどの不純物が混じる場合もありますので、水質検査を保健所などで行い、専用のろ過装置の設置をオススメしております。

井戸(さく井)の仕組みと種類

井戸(さく井)とは地面に穴を掘り、その穴の中に地下水を寄せ集めて利用する施設をいいます。水脈まで掘れば、豊富な地下水が半永久的に利用できます。

井戸と言えば、大きな孔が開いていて、お化けを想像される方もいらっしゃるかも知れませんが、実はコンパクトなものです。
井戸の種類は大きく分けて3つに分類できます。

pixta_7647756_S

打抜き井戸(打ち込み井戸)

パイプを地中に打ち込み、パイプの下部にストレーナーを設置し地下水を取水する井戸です。

掘井戸(丸井戸)

直径1m~2m程度の穴を掘り、地下水脈に到達するまで穴を掘り続け、掘削中に壁が崩落しないよう、コンクリート等で補強しながら掘削するという方法です。主に地下水が浅い場所に設置されていることが多いです。

ボーリング井戸(深井戸)

ボーリングマシンを用いた井戸で、地中に穴をあけ、ケーシング(井戸パイプ)を挿入します。
地表の影響を受けにくいので、より精度の高い井戸が仕上がります。

ボーリングの特徴

ボーリング井戸(さく井)

浅井戸・深井戸とはどんな井戸か?

一般的に深さが30m未満の井戸を「浅井戸」、30m以上を「深井戸」と言います。

ボーリング井戸(さく井)とは

ボーリング井戸(さく井)は、深い水脈まで掘り進むことが可能ですので、10mの浅井戸から500m以上もある深井戸まで施工が可能となります。

井戸の径は、φ50mm~150mmまでが一般的なサイズですが、φ500mmの大口径井戸を設置する場合もあります。

ボーリング井戸の主な用途

工場、消雪、ビニールハウス、畑、家畜、池、銭湯、学校、事務所、ショッピングモールなど水を大量に使用する場所に設置されます。また、個人住宅でも飲料水や雑用水用としてボーリング井戸(さく井)は設置されています。

費用、工期、施工条件など

ボーリング井戸(さく井工事)の単価はメーター単価で計算します。ただし現場の様々な条件で、単価は変動しますので、正確な単価は現場視察後のお見積りとなります。

工期も、条件によって左右しますが、ロータリー工法なら5日~1ヶ月程度、ダウンザホールハンマー工法なら2日~1週間が平均的な日数です。

まずはお問い合わせください

当社は、豊富なノウハウと技術により、数多くの実績を重ねてまいりました。
お気軽に、お見積りやご相談等お問い合わせください。